犬と人

ここのところ、犬と人に会う機会が本当にたくさんありました。はじめましての犬たちも、久しぶり~の犬たちも、遊びに来てくれてありがとうございました。

大多数は”ボーダーコリー”と呼ばれる犬たちだったから、そんなに予想のつかない行動などなかったのですが、犬は飼われる人によってこれだけ違う反応をするんだな、ということがよくわかるようになってきました。もちろん、その時その時の人の態度や心持ちでも、ずいぶんと犬たちの表現の仕方が変わったりもするんですが。

また、先日は違う犬種たちにも会うことができました。そして、その犬種を心から理解しようとしている飼い主さんにお会いできて、とても楽しかったです。

どの犬たちも「牧羊犬」だったので、羊に対面させることが目的だったんですが、犬種に関わらず、また、年齢やシツケ・訓練の経験にも関係なく、羊を前にすると(または、リードを離されると、広い場所に野放しにされると、かも?笑)、犬が人をどう捉えているかが見えてきます。

本能を引き出して、羊を追いかけ始めるところまではサポートできますが、犬たちが人とのコミュニケーションを積極的に取ろうとしてくれなければ、その先には進めません。

コミュニケーション能力が高いから、人のそばで働く犬として大事に育まれてきた犬種なので、彼らとのコミュニケーションをもっと楽しんでもらいたいなぁ・・・と思います。

このコミュニケーション!オヤツを交換条件にして芸を教えるとか、チョークチェーンで締め上げるとか、、などという教室や訓練所に通っても教えてはもらえません。

# いまだにそんなことを「訓練」と称しているところがあるそうです!
# 営業妨害になるかもしれませんが言ってもいいですか?
# ・・・・・・そんなところ「やめちゃえ!」(^^;;

まずは静かに穏やかに犬との時間を満喫してもらいたいと思います。

羊のいない国で「牧羊犬」と暮らすということで、羊仕事に代わるお仕事を与えましょう、とよく耳にしますが、フリスビーやアジリティは羊仕事と同じ土俵にあるわけではありません。彼らは、そもそも「牧羊犬」です。

人とコミュニケーションを取りながら目的を共有することができる、というところが彼らの本分だと思うから、そのあたりをもっとお伝えできたらいいな・・・と思いました。牧羊犬たちを理解する一助になれればうれしいです。

広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

犬と人 への4件のフィードバック

  1. えふ より:

    「訓練」の話、じっくりしたいね、いつものように(?)
    方法はひとつじゃないけど、人も犬もいろいろだから、それが難しい。

    • miwafarm より:

      マニュアル化しようと思うから「難しい」だけで、人も犬もいろいろだってことを楽しんだらいいんじゃない?(^^)
      またおしゃべりしましょう!リバーサイド行きたいなぁ・・・

  2. えふ より:

    はい、是非ともおいでよ!冬は幾分つまらんけど、静か・・・って珍しくもないか!?笑
    マニュアル化、ね!! それをしないとわからない人(私も含めて)がいるし。hiroさんのように何も意識しなくても犬や動物や人(!)がなついてくる人はいいのだけど。そして、わからないなら自分で本気で向き合ってみようとすればいいのだけど、それってそういう人には時間がかかってつらいし、・・・なんて話してると、ファームがリバサイドで語らなくちゃ!笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中